骨密度が足りなくなるその前に|骨粗鬆症の治療は早めにスタート

女性

膠原病早期発見の秘密兵器

病院

関節リウマチに代表される膠原病は免疫の異常により、過剰な抗体反応が起きる点で共通しています。症状は関節ばかりでなく筋肉や皮膚・内臓にも及びます。診断が難しいため膠原病の早期発見には高い壁がありましたが、免疫沈降法によって早期発見・治療が可能です。免疫沈降法を実施している検査機関が人気を集めています。

詳細を読む

供給元によって異なる

男性

プライマリーセルは、現段階では研究に使用するものとなっています。今後の現代医療の発展に役立つものとして使用されていますが、供給会社ごとに様々な点で違いがあるので、予め確認した上で選ぶようにしましょう。

詳細を読む

便利な予約と安心の検査

病院

都筑区の内科の中にはホームページから問診票をダウンロードできるところも多いので、予約した上であらかじめ記入して持参すると大変便利です。また病気の検査を行う場合は自分でキット検査をするよりも、都筑区の内科で検査してもらう方がはるかに安心できます。

詳細を読む

骨密度の上昇や維持のため

女性

カルシウムの減少が原因

骨粗鬆症とは、骨からカルシウムが溶け出し、骨密度が下がることです。カルシウムが骨の内部に十分に存在していると、骨は丈夫な状態を維持できるのですが、それが失われれば、もろくなります。つまり骨粗鬆症になると、骨の変形や骨折などが生じやすくなるということです。骨のカルシウムが少なくなることが原因ですから、骨粗鬆症の治療は、カルシウムの摂取によっておこなわれます。また、活性型のビタミンD3やビタミンK2も、治療によく使われています。これらを摂取すると、カルシウムが体内にしっかりと吸収されるようになるので、骨密度が上昇しやすくなるのです。高齢になると、骨のトラブルから寝たきりになるケースもあることから、多くの人が体と生活を守るためにこれらを摂取しています。

カルシウムの吸収率

骨密度は、年をとるにつれて下がりやすくなりますが、それは食べ物に含まれているカルシウムを、体がうまく吸収できなくなるからです。若いうちは、カルシウムの吸収率が高いので、栄養バランスのとれた食事をとっている限り、骨密度は保たれます。しかし年をとると、吸収率が下がる分、食事だけでは骨密度を維持することが困難になります。そのため骨粗鬆症の治療では、カルシウムやその吸収率を高める成分を摂取することになるのです。また、筋肉を鍛えると、体を動かした際の骨の負担が少なくなり、骨折などのリスクが下がります。また代謝量が増えることからカルシウムが吸収されやすくなるので、運動もまた骨粗鬆症の有効な治療方法のひとつとされています。